真田幸村タオル(幸村柄)

s002
s002 s002

真田幸村タオル(幸村柄)

(s002)

幸村が最後に送った手紙の一文をモチーフにしたフェイスタオルです。
1615年(慶長20年)3月10日、幸村の姉、松の夫である小山田茂誠とその子之知からの手紙に対する返書の一部であります。
辞世の句が残っていない幸村にとって、最後に残された言葉でもあります。
「さだめなき浮世に候へば 一日さきは知れず候」

価格 1枚:600円
サイズ 34cm×84cm
重さ:280匁
在庫状態 : 在庫有り
¥600
数量