事業計画書

(平成28年4月1日から平成29年3月31日まで)
日本の経済は、長く続いたデフレ経済からの脱却を図るための対策がとられており、緩やかではあるが回復基調を持続しています。しかし、地方においては、あまりその実感を受けるまでには至っていません。内閣府が発表した平成28年2月の月例経済報告によると、「先行きについては、雇用・所得環境の改善が続くなかで、各種政策の効果もあって、緩やかな回復に向かうことが期待される。ただし、海外経済で弱さがみられており、中国を始めとするアジア新興国や資源国等の景気が下振れし、我が国の景気が下押しされるリスクがある。こうしたなかで、海外経済の不確実性の高まりや金融資本市場の変動の影響に留意する必要がある。」と指摘しています。
さて、本町におきましては、平成28年のNHK大河ドラマ「真田丸」放送の効果などにより、公社が指定管理を行っております道の駅「柿の郷くどやま」、及び「そば処幸村庵」において、これまでになく大勢の利用客が訪れており、九度山・真田ミュージアムの開館によりさらに増えております。今後も県内外からご来町いただける多数の方々に、おもてなしの心で接することができるよう、公社が運営している施設の環境を充実して参ります。
このことを踏まえ、平成28年度の公社の事業においては、道の駅事業、そば事業及びベーカリー事業の安定的な経営を重点に、公社の設立目的であります町の振興計画に沿って取り組むとともに、富有柿をはじめ当町の特産品の販路拡大に引き続き努め、町の豊富な観光資源を活用して観光客の誘致に積極的に取り組み、町の活性化を図る目的で、次の事業に取り組んでまいります。

史跡及び名勝、地域の特性を活用した観光事業

恵まれた豊富な歴史文化を活かした観光客の誘致

  1. 大収穫祭IN九度山、椎出鬼の舞、丹生官省符まつり、その他イベント等を開催、宣伝する。
  2. 九度山・真田ミュージアムを中心としたまちなかエリア、高野山町石道を中心とした世界遺産エリア並びに玉川峡を中心とした自然体験エリアなどを新聞、ラジオやインターネットを活用して情報を広く提供し、PRに努めるとともに、関係団体との連携を図りながらまちづくり活動に積極的に関与する。
  3. その他県・町・関係機関と連絡調整をし、観光に関するまちづくり事業に積極的に関与する。

観光農業の振興

柿の木オーナー事業の推進:10月下旬から11月下旬まで

特産品の利活用並びに新たな特産品の創出事業

「そば」の産業化

「そば処幸村庵」を中心に「食」としてのそばの提供、職人の育成、そばの体験教室の開催、そばの周知等本町の新たな特産品として創出すべく「そば」の産業化に取り組みます。

新たな土産物の創出

地元特産品の宣伝はもちろんのこと、NHK大河ドラマ「真田丸」に関連したお土産物等の商品開発に努めるとともに、現在商品化している商品の販売ルートの拡大に努める。

特産品の販路拡大のための宣伝並びに販売事業

ふるさと産品直売所の運営について

地元特産品である富有柿をはじめ、その他の果樹、野菜類などの新鮮な地元農産物をはじめ、卵、林産物の加工品等の販売を行う。

農林総合研修センターの運営について

清流玉川峡での情報発信をはじめ、地元特産品の販売や軽食・休憩スペースの提供等キャンプ客や釣り客の需要を確保する。

道の駅の運営について

直売部門では、おみやげ館における販売促進を行う。また、飲食提供部門においては、ベーカリーカフェ「パーシモン」で新規商品の開発に努め、焼きたてパンや季節の果実を使ったアイスクリームなどの販売の拡大により収益を上げることを目標とする。その他、世界遺産情報センター、体験研修施設やアミューズメント広場等の施設管理を行い、来場者に満足していただけるようサービス向上に努める。
また、道の駅「柿の郷くどやま」には、食事処が少なく特にご飯ものを扱う店舗がないため内外から店舗を募集することを検討し、そのための店舗の準備を検討する。本年は、現在放送中の大河ドラマ「真田丸」による立ち寄り客が多いため、早期の実施に向け進めていく。現在公社が委託を受け運営している「おみやげ館」については、平成29年2月までの営業となっていることから、その後の店舗の誘致について検討を進めていく。
さらに県内の道の駅との間で新規の交流事業を模索し、それぞれの特産品を相互に販売することにより交流を進めていく。また、姉妹駅である石川県志賀町の道の駅「ころ柿の里しか」との物販交流を前年度に引き続き実施し、交流を拡大していく。

頒布事業について

全国郵便局(株)備付けのカタログ「ふるさと小包」(郵便局(株)カタログセンター発行)に「九度山町の富有柿」として掲載し、産直販売を行うとともに、別途公社独自の顧客獲得のためパンフレットの配布やインターネット販売により販路拡大に努めると共に、行政、JA、生産者と協力しながら、国内外への新たな販路の開拓にも努める。

各種イベントや展示会への参加について

国、県、公共機関等が開催する展示即売会に参加し、地元産品のPRに努める。

公共施設の管理運営受託について

九度山町の管理条例に基づき、農林総合研修センター及び松山常次郎記念館の適切な管理運営を行い、目的達成に努める。
また、道の駅「柿の郷くどやま」においては、指定管理者としてその施設管理及び当施設内のベーカリーカフェの安定的な運営に努める。