(財)九度山町柿の里振興公社 背景の線

HOMEの中の 九度山町観光ナビの中の 観光スポットの中の 真田庵

背景の線

真田庵

真田庵は正しくは、善名称院(ぜんみょうしょういん)といい、戦国時代最後の武将、真田昌幸・幸村父子隠棲の屋敷跡として県の史跡に指定されています。

創設は、寛保元年(1714年)大安上人によります。六文銭の紋が刻まれた門をくぐると、八つ棟造りの重厚な三層城閣風の本堂が建ち、軒の瓦には菊花の紋章が入っています。本尊は地蔵菩薩で、境内には開山堂(大安上人の廟)、土砂堂、宝物資料館、真田昌幸の墓、それに与謝蕪村の句碑があります。真田祭開催時期(4月から5月)にかけて九度山町の町花であるぼたんの花が咲き誇ります。

真田庵全景 真田昌幸公の墓

アクセス

〒648-0101
和歌山県伊都郡九度山町九度山1413番地

お問い合わせ

真田庵
TEL:0736-54-2218